初めての住宅ローン

住宅ローンと団信

人生で一番大きな買い物は住宅と言われています。二番目に大きな買い物と言われる生命保険は毎月保険料を払っていきますが、住宅は最初に全額を払わなければなりません。土地と合わせて一千万を超える金額を即金で払える人はほとんどいません。その費用を賄う為に住宅ローンがあります。住宅ローンには公的融資、民間融資の他に企業や公務員共済が融資するもの等があります。金利の種類や融資限度額は民間融資がバリエーションも多く、審査基準もやや緩やかになっています。個人の信用力が重視され、年収・勤続年数・年齢・借入状況など審査されます。「フラット35」は物件の条件も重視され、検査機関からの適合証明書が必要になります。このフラット35は住宅金融支援機構がバックアップする民間住宅ローンです。住宅金融支援機構がローン債権を買い取り、証券化、もしくは保障する事で、15年から35年の返済を固定金利で行えるようになりました。ほとんどの民間ローンは団体信用生命保険の加入を融資条件にしています。この団体信用生命保険はローンの債務者が死亡や高度障害等でローンが返済出来なくなった時、代わりにローンを精算してくれる保険です。残された家族にローンが残らず安心する事ができます。また三大疾病付機構団信や七大疾病付住宅ローン、失業保障特約など+αの団信が増えています。決して安い保険料ではありません。この機会に通常の生命保険の見直しも行い、必要な保障を選択してはどうでしょうか。